AMAZING COUNTRY モルドバを歩く


「アメージング・カントリー」という表現は、
キシナウの宿で挨拶を交わした英国の男性の一言から。

「モルドバはアメージングな国だね!」
「なぜそう思ったの?」
「国の中に国があるからさ」

国の中の国…それは「TransDniestr 沿ドニエストル共和国」のコト。
モルドバ共和国独立の際、ドニエストル川東岸のロシア系住民が
政府に反発して独立を宣言した、非公認の国。

モルドバ共和国の公用語はモルドバ語(言語学的にはルーマニアのダコ・ルーマニア語)。
でもソ連時代の影響で街にはキリル文字も見られるし、ロシア語を話す人も。

モルドバって、どんな所なんだろう??
滞在期間は短かった(勿体ない〜っ)けど、これが私の足跡です。
入国! 8/10 入国審査
ソドムの街
緑のキシナウ 8/11 市内散策@
市内散策A
マーケット
沿ドニエストル ベンデリー 8/12 大いなる勘違い
ここは小ロシア
沿ドニエストルを思う
Back to キシナウ 8/13 脱・沿ドニエストル
キシナウでの出会い
オルヘイ
ベジタリアンの食卓
モルドバ最終日 8/14 街歩きwithアヴィ@12/2
街歩きwithアヴィA12/2
さよならキシナウ12/2 完結



BACK to ルーマニア編TOP<<   【TRAVEL TOP PAGE】  >>GO to モルドバ編   
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO